BLOG

ガルベストン旅日記⑧

Taiguruma Workshop in Galveston 2017 -vo.8-

教室一日目がスタートしました!今回も新しい生徒さんがたくさん!まずMayukoさんが私の話した鯛車の歴史やプロジェクトのことを通訳してくれました。Mayukoさんがいなかったらこの会は成り立たないので本当に感謝しています。しかも今回はほぼ私の娘のベビーシッターまでかってくれて本当に頭が上がりません。その後映像で参加者に巻の街の映像を見てもらいましたよ。

初日はまず竹ひごで鯛のカタチをつくる作業です。このカタチで鯛の完成系が決まってしまうのでとても大事な作業です。4回目のゼインは昨年に引き続き、特大サイズに挑戦しました!

みんな初めて触る竹ひごに苦戦中!でもカタチはこだわったほど、最後に良い鯛車ができると思います。初年度から巻に連続できてくれて、いつも私たちの応援をしてくれているボールハイスクールのドック(ダンカン博士)も学校を抜け出してきてくれましたよ。しかも今回はベルギーの留学生も連れてきてくれました!ガルベストン教室最年少の高校生です!

そして上の方、私が自己紹介でノ・グ・チだと言ったら発音がチキンナゲットの
ナゲッツに似ていることから、なぜかこの日からMr.ナゲッツと呼ばれることに(汗)

そしてお決まりの充実したおやつも!
お昼は近くの和食のお店に行きました。その名も「スカイバー」。お寿司を頼んだのですが、なかなか出てこなくてお椀にはいった醤油味のスープ!?だけ飲んであとはテイクアウトしました。味は普通に美味しかったですが、やはり日本の握りにはかないませんね。

なぜか最近食べ物の写真ばっかりですね。。。
次回はいよいよ難関の紙貼りに入ります!

 

つづく