BLOG

今年も東京教室やりました!!part.2

前回の東京教室の続きです。

活動は頻繁にやっている分ブログを更新しないとネタが
どんどんと溜まっていきます。(泣)
関係者のみなさま、すいません。頑張ります!!

と、いうことで前もお話しましたが、
東京教室は6時間を4日間かけて行っています。
鯛車は見た目以上に難しいんです。

ただ、鯛車教室は作るだけが楽しみだけではありません。
毎回3日目の夜に懇親会(打ち上げ!?)を
やるのですが教室の生徒さんに紹介いただいたり、
新潟にちなんだお店を選んだりしています。

今回の会場だったのは
新宿にある「すみよし」さんです↓
http://r.gnavi.co.jp/e052200/

ここの店長の浅野さんはなんと巻出身です!
しかも私の今すんでいる家のすぐ近くに住んでいました。

浅野さんとの出会いもおもしろかったのでお話しますね。

浅野さんはもともと東京で服飾関係のお仕事をされていました。
(だから服装がかなりオシャレ!しかもかなり偉い人だった!?)
その後新宿で新潟の郷土料理を提供するお店を出されました。

真ん中が浅野さん。飲み屋さんの主人とは
思えないほどの素敵なコーディネート!!

昨年、浅野さんがビームスの原宿店に顔を出すと
鯛車が店頭に飾ってあって、浅野さんは自分の出身地の
郷土玩具が置いてあった事に感動されて、
その後に並ばないと買えない名店のお菓子をお店へ届けたそうです。
その際の格好は白いスーツに白ハットだったそうですよ!
その後ビースムスのスタッフさんから連絡をいただき、
浅野さんのお店を私が訪ねたことから
関係がはじまりました。

ビームスに置いてある鯛車。

浅野さんのお話もすごくおもしろいんです!
浅野さんの小さい頃好きだったものは
何も入っていない握り飯と1本丸ごとキュウリの漬け物だったそうです。
それを学校帰りのおやつにお母さんがいつも用意してくれたそうです。
それがどんなものよりも美味しかったとお話してくれました。
確かに、どんな高級なお菓子よりお母さんが作ってくれたものって
年をとってもなぜだか憶えてますよね。
私は、母が揚げてくれたドーナツがすごく好きでした。
形も悪くて揚げすぎでいつも焦げてて砂糖を
まぶしてあるだけだったけど、いつも食べてた記憶が
ずっと残っています。
このような記憶を思い出させてくれるような
料理がすみよしにはあります。

東京に行き、新潟の料理を食べるのはなぜだか不思議ですが
とっても美味しかったです。
いつもお店は満員なので予約をしてから行く事をお勧めします。
ぜひ浅野さんのいるすみよしへ一度足を運んでみてはいかがでしょうか!?

そして何より教室参加者の方たちにも新潟の食についてもお話できて
とても良かったですね。
また都内に行く事があったらちょくちょくと通わせてもらいますね!

浅野さんと生徒さんたちとで、記念撮影!

教室の話しが全くできませんでしたね(汗)
また次回に続きます!